元カレと連絡が取りたい

元カレと連絡を取るきっかけ

元カレと連絡が取りたくなることってありますよね。
そんな時、あなたはなぜ元カレと連絡が取りたいと思ったのですか?

相手に未練があるから連絡を取ったのか、
友達のような感覚で連絡をしてみたくなったのか、
ただなんとなく連絡を取ってみたくなったのか。

女性はあまり意味のない行動を取ることはなく、過去を振り返らない傾向もあるため、元カレに連絡したくなる理由の大半は、相手に未練があるからでしょう。

ですが、女性の心理からしてみても、理由もなしに女性から男性に連絡を取っていくのは結構難しいことだと思います。

連絡先が変わってたらどうしよう、
無視されてしまったらどうしよう、
鬱陶しく思われたらどうしよう、

など、ただでさえこういったような不安がある中で、どうにかして元カレと連絡を取るきっかけを作れないものでしょうか。
そこで今回は、元カレと連絡を取るきっかけを作る方法をいくつかご紹介いたします。

相手の興味をひく内容の連絡をする

女性は何事も広く浅くなりがちになるのに対して、男性とは総じて趣味などに対してマニアックでオタク的な知識を持つほど力を入れ込む傾向があります。

ですので、相手の興味をひくような話題で連絡をすれば、変に思われることもなく話も広がりやすくなるでしょう。
一度付き合っていた者同士という特性もあり、相手の趣味に関しては比較的情報は得やすいと思います。
たとえこちらにとってあまり興味のない物事だったとしても、それは逆に都合がいいです。

どうしても連絡が取りたいのであれば、さほど苦になることもなく、その趣味に対しての知識を得ることができるでしょう。
話についていけなくなったとしても、男性は勢いがつくと勝手に喋っていってくれるので、
あなたは上手く聞き手に回りやすくなると思います。

わからないことはその時に質問などすれば返答も返してくれるので、長い時間彼と関わることができるでしょう。

ツイッターやフェイスブックなどのSNSを利用して連絡する

TwitterやFacebookなどのソーシャルサービスは今や半数の人口が利用している身近なツールです。
そしてSNSの利点の一つとして挙げられるのは、気軽にコミュニケーションが取れるということ。

連絡を取り合ってる時の拘束感も重みも、メールや電話よりも圧倒的に少ないため、連絡を取ることに対し許容的になりやすいのです。

ですので、元カレに対しても有効的な手段となるはずです。
いきなりメールや電話をするのは抵抗感があるなと思ってるなら、SNSを活用するといいでしょう!

ただ、一つ注意なのはLINEは逆効果になりやすいということ。
LINEはチャット形式であるがゆえに会話をしているかのような楽しみ方が魅力ですが、「既読スルー」などの言葉が流行っていることからも分かるように、拘束感や重みを感じる人が少なくないです。

相手に対し「返さなきゃいけない」という負担をなるべく感じさせないことが、連絡を取る上では重要となってきますね。